差し歯と比べて高額だけど・・・

他の歯に影響なく治療したいなどの要望が取り上げられた場合です。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、周辺の歯には関係なく失った歯だけの治療です。

両隣のなんともない歯を削ってまで支えにするのはもったいないという希望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、上物である歯冠部を被せるものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

それに対して、インプラントというのは、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも顎の骨に異常さえなければ活用できるのがインプラントの利点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です